長野県障がい者スポーツ協会の新着情報
by nagano-sad

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2010年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
チャレンジドキッズクラブ ウィンターキャンプを開催しました。
 2月27日・28日と車山高原スキー場にてウインターキャンプを開催しました。参加した子どもたちは準会員を含め21名。
 初参加のご家族を含め、11組のご家族が参加され、スタッフとともに1泊2日、元気に楽しく過ごすことが出来ました。

 1日目。ゲレンデで、チェアスキーチーム・バイスキーチーム・スキーチームに分かれて体験教室を行いました。今年初めて参加した子どもたちは、慣れないスキーに戸惑いながらもだんだんと雪に慣れ、楽しんで滑ることが出来ました。
 2度目の参加だった子どもたちは顔見知りのスタッフも多く、すぐに打ち解け、わきあいあいと楽しんでいました。

e0187129_14413684.jpg


 チェアスキーを初めて体験した子は、最初のうちはアウトリガー(専用のストック)で自分の体を支えるのが精一杯でしたが、最後は転ばずにターンが出来るようになってとても喜んでいました。
 バイスキーを体験した子どもたちは、今回2度目という子も多く、ゲレンデに来たときから大喜びで、「早く滑りたい!」「自分の順番が待ち遠しい!」と限られた時間の中でしたが、楽しく滑っていました。
 スキーを体験した子どもたちは、スタッフに支えられて、滑る楽しさを覚えた子や、全く滑ることが出来なかった子がストック無しで滑れるようになり、スタッフと一緒に何度もリフトに乗っていました。

e0187129_1444916.jpg


 夜は、車山高原スカイパークホテルに泊まりました。夕食はバイキング形式でした。子どもたちの大好きな食べ物が多く、「いつもよりたくさん食べた!」「とてもおいしかった!」「アイスを何度もおかわりした!」など皆さん大満足の夕食で食事中キャンプに参加した11組のご家族の紹介をしながら交流を深めました。

e0187129_1445416.jpg


 夕食後は松本大学の犬飼先生と学生のみなさんによるレクリエーションが行われました。
 なかでも、ステレオゲーム(同時に発せられた違う言葉を聞き当てるゲーム)は子どもたちにはもちろんですが、お父さんやお母さんにも好評で、「誰がどの人の言葉を聞くか」分担を決め、正解すると歓声が上がるほど盛り上がっていました。

e0187129_1455163.jpg


e0187129_14482514.jpg


 2日目は吹雪のため、ゲレンデでの体験教室が中止になり、ホテルで松本大学の学生のみなさんが中心になり、レクリエーションを行いました。
 ボールを使った「かみなりがおちた」ゲームや、じゃんけんをして勝った人がカードをもらうゲームは大人も子どもたちもカードを集めるのに必死になっていました。

e0187129_14493584.jpg


 最後は小松昌久委員長から家族の写真とキャンプの思い出の写真が貼られた参加証が手渡されました。
 参加してくださったみなさんありがとうございました。また、御協力いただきましたスタッフの方々や車山高原スキー場、車山高原スカイパークホテルのスタッフの方々、みなさんありがとうございました。

e0187129_14513222.jpg

[PR]
by nagano-sad | 2010-04-08 14:56
公益財団法人長野県障がい者スポーツ協会
〒381-0008 長野県長野市大字下駒沢586 長野県障害者福祉センター内
Tel:026-295-3661 Fax:026-295-3662
 e-mail:nsad@nifty.com