長野県障がい者スポーツ協会の新着情報
by nagano-sad

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
平成22年度第3回サポーター養成研修会を開催しました
12月18日(土)松本大学で、平成22年度第3回のサポーター養成研修会が開催され、県内各地から28名と多くの方にご参加いただきました。
第3回の研修会は3名の講師による講義。
サポーターとして実際子ども達に接するときの対応の仕方など詳しく教えてくださいました。
e0187129_1436316.jpg

1時限目 
「肢体不自由児 ~車いす使用者~」
松清 あゆみ氏 (信濃医療福祉センター 理学療法士)
e0187129_14384722.jpg

2時限目
「発達障がいの特性」
岡本 武己氏 (信濃医療福祉センター 作業療法士科主任 作業療法士)
e0187129_15302459.jpg

3時限目
「コミュニケーションと関係づくり」
犬飼 己紀子氏 (松本大学人間健康学部スポーツ健康学科 教授)
e0187129_15324834.jpg

内容は盛りだくさんでしたが、どの講義も分かりやすく、とても楽しい雰囲気の中講義は進められました。
[PR]
by nagano-sad | 2010-12-21 15:34
カーリング体験教室
11月3日(水・祝)「NPO法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブ」のご協力をいただき、スカップ軽井沢でカーリング体験教室を開催しました。
今回はSC軽井沢クラブの方と信州チェアカーリングクラブの内田選手(日本チェアカーリング協会会長)の他に、バンクーバーパラリンピック出場選手の比田井選手が特別講師として参加、指導にあたってくださいました。
参加者は全員で28名(保護者やきょうだい、スタッフ含む)。大勢の方が参加してくれました。
e0187129_1349455.jpg

練習は車いすグループと立位グループに分かれて練習。
立位グループにはSC軽井沢クラブの方が講師として指導してくださいました。
e0187129_13503923.jpg

初めは慣れない氷の上で悪戦苦闘していた子ども達でしたが見る見る上達し、後半ではみんなでミニゲームを行いました。
参加者からは「ストーンの投げ方をとても丁寧に教えてもらった!」「ストーンを投げた後、氷をこすると面白いようにストーンが進んで行くのが楽しかった!」と感想を話してくれました。

車いすグループは比田井選手と内田選手。
そして昨年同様、内田選手に声を掛けていただき、山梨県から講師として1名の方が参加してくださいました。 
まずは比田井選手がキューを使ってストーンを投げるお手本を見せてくれました。
子ども達からは「おー!」と歓声があがっていました。
比田井選手の丁寧な指導に参加した子ども達は熱心に練習していました。

後半のミニゲームでは内田選手の指示の元、ハウスに向かってストーンを投げていました。
比田井選手も選手として参加!
本番さながらの白熱したゲームをしていました。
e0187129_13534887.jpg


教室終了後、比田井選手からバンクーバーパラリンピックでの日本選手の活躍とカーリング競技についてお話をしてくださいました。
最後に、比田井選手から「カーリングは選手生活の長い競技です。みなさんもカーリングに興味を持ってください。そして次のパラリンピックであるソチを目指して一緒に頑張りましょう!」と話をしてくださり体験教室は終了しました。
e0187129_1464334.jpg

比田井選手、SC軽井沢クラブと信州チェアカーリングクラブのみなさん、ありがとうございました。
e0187129_1413285.jpg

[PR]
by nagano-sad | 2010-12-16 14:13
アイススレッジホッケー体験教室
9月26日(日)岡谷市にあるやまびこスケートの森でアイスッスレッジホッケー体験教室を開催しました。
日本アイススレッジホッケー協会、長野スレッジスポーツ協会のご協力のもと、バンクーバーパラリンピックに出場した長野サンダーバーズの馬島選手、上原選手らが特別講師として参加してくださいました。
参加者は17名(保護者、きょうだい含む)。たくさんのみなさんが参加してくれました。

最初は長野サンダーバーズの選手のみなさんによるデモンストレーション。「パックを打つ音が凄い!」「動きがとてもはやい!」とみなさん選手の動きを食い入るように見ていました。
選手のみなさんによる自己紹介の後、選手を代表して、馬島選手から今回使用したスレッジとスティックについて説明がありました。

そして、いよいよ待ちに待ったリンクへ!
初めはスレッジの操作に戸惑っていた参加者も氷の感触をつかみ、みるみる上達していきました。
e0187129_13374450.jpg

後半はゴールに向かってパックをシュート!!
キーパーは馬島選手!
e0187129_13395072.jpg

本番さながらの練習に参加者からは「もっとやりたい!」「ゴールが決まって楽しかった!」など感想が聞かれました。

教室終了後は選手のみなさんへ質問タイム。
 バンクーバーパラリンピックでの活躍や選手村はどんな所だったのかなど、たくさんの質問がでました。
質問タイムの後は選手の方とのサイン会・記念撮影。
選手からバンクーバーパラリンピックで獲得した銀メダルを首からかけてもらい写真をパシャリ!みなさん、大満足で体験会が終了しました。
e0187129_13415949.jpg


e0187129_13442115.jpg
ご協力いただきました日本アイススレッジホッケー協会、長野スレッジスポーツ協会、やまびこスケートの森のみなさま、そして講師として参加してくださった長野サンダーバーズの選手のみなさま、ありがとうございました。
これからもみんなで応援しましょう!
[PR]
by nagano-sad | 2010-12-16 13:45
公益財団法人長野県障がい者スポーツ協会
〒381-0008 長野県長野市大字下駒沢586 長野県障害者福祉センター内
Tel:026-295-3661 Fax:026-295-3662
 e-mail:nsad@nifty.com