長野県障がい者スポーツ協会の新着情報
by nagano-sad

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ウインターキャンプを開催しました!
 2月19日・20日と車山高原スキー場にてウインターキャンプを開催しました。
 参加した子ども達は17名。
 初参加のご家族を含め、11組のご家族が参加され、スタッフとともに1泊2日、元気に楽しく過ごすことができました。

 1日目。
 晴天にも恵まれ、この日を待ち遠しく楽しみにしていた子どもたちは元気よくスキー場に来てくれました。
 体験会開始。
 はじめの会の後、準備体操を行い、いざゲレンデへ。
 チェアスキーチーム、バイスキーチーム、スキーチームに分かれて行いました。
 初めて参加した子どもたちは戸惑いながらもだんだんと雪に慣れ、楽しんで滑ることが出来ました。
 今回、2回目、3回目の参加の子どもたちは久しぶりに会うスタッフも多く、すぐに打ち解け、楽しんでいるようでした。
e0187129_8315366.jpg

 チェアスキーを体験した子は今回2回目ということもあり、昨年までターンが出来なかった子どももターン出来るようになり、とても上手に滑っていました。
 バイスキーを体験した子どもたちは「早く滑りたい」と自分の順番が待ち遠しいようでしたが、限られた時間の中で楽しく滑ることが出来ました。
 スキーを体験した子どもたちは今回、初めてスキー板を履く子どもが多く、初めは怖がっていた子どもたちも段々と慣れ、時間が経つにつれてなだらかな斜面を一人で滑れるまで上達していました。
e0187129_834625.jpg

e0187129_8353116.jpg

 楽しい夕食はあっという間に終わり、子どもたちは部屋に帰ってゆっくりと過ごしたり、スタッフと一緒にお風呂に入ったりと思い思いの時間を過ごしました。

 2日目。
 この日も晴天に恵まれました。
 体験会の前にゲレンデにて雪上レクリエーションが行われました。
雪上レクリエーション終了後は体験会スタート!
 昨日、初めてスキーを履いた子どもたちも「今日は1回、リフトに乗ってみよう!」と目標を立て、初めてのリフトに乗り、スタッフに支えられながらゲレンデを滑りました。
 初めは支えられて滑っていた子どもたちも、後半になるにつれて一人で滑れるようになり、「もう1回乗る!」と何度もリフトに乗ってゲレンデを滑っていました。
 バイスキーチームの子どもたちは介助のスタッフのかけ声を聞き、ターンする方向へ体を倒し、バイスキーと一体になり、体で風を切って滑っていました。
e0187129_837295.jpg

 休憩を挟み、バンクーバーパラリンピックに出場した夏目選手のデモンストレーションが行われました。
 颯爽とゲレンデを滑ってくる夏目選手に子どもたちも保護者の方、スタッフもとても感動していました。
 この後、チェアスキーチームの子どもたちは夏目選手と一緒に滑ることが出来、パラリンピック選手の滑りを間近で体験することが出来ました。

 体験会の最後は修了書をみなさんに渡し、夏目選手と記念撮影。
 楽しい体験会は終了しました。
e0187129_8403696.jpg

 参加してくださったみなさんありがとうございました。またご協力いただきましたスタッフの方々や車山高原スキー場、車山高原スカイパークホテルのスタッフの方々、ありがとうございました。
[PR]
by nagano-sad | 2011-03-02 08:41
公益財団法人長野県障がい者スポーツ協会
〒381-0008 長野県長野市大字下駒沢586 長野県障害者福祉センター内
Tel:026-295-3661 Fax:026-295-3662
 e-mail:nsad@nifty.com