長野県障がい者スポーツ協会の新着情報
by nagano-sad

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
長野市立柳原小学校で「障がい者スポーツアスリート講演会」を開催しました!
11月16日(水)長野市立柳原小学校で「障がい者スポーツアスリート講演会」を開催しました。
今回の講師の方は、長野車いすマラソンクラブの中田真也選手。
4学年から6学年の児童210名と保護者の方が講演会に参加しました。
e0187129_11304748.jpg

始めに、中田選手の受傷理由と車いす生活になると聞かされた時の心情をお聞きしました。
講演後はマラソン用車いすの説明と、実際にマラソン用車いすに乗りデモンストレーションを見せていただきました。

e0187129_11441733.jpg

e0187129_11474899.jpg

見ていた児童、保護者からは「すごく速い!」との感想がありました。
1人の児童にも実際に乗っていただき、中田選手と一緒に体育館を1周。
児童から「ハンドルがすごく重くて、曲がるのが大変だった」との感想がありました。

e0187129_11575268.jpg

車いすマラソンの体験後、仙台で行われた車いすマラソン大会の様子を上映。
上り坂での大変さや、下り坂でのスピードの速さをお話していただきました。
上映後は、バスケットボール用車いすと普段乗っている車いすの違いを教えていただき、2名の児童と一緒に車椅子バスケットボールを体験しました。
体験した児童からは「ゴールにボールが届かなくて難しい」との感想がありました。

e0187129_129436.jpg

e0187129_12131472.jpg

最後に、中田選手から「車いすに乗っている人や障がいを持った人を見かけても、他人事に考えないでほしい」「障がい者だから不幸とか、幸せになれないとは思わないでほしい」と講演していただき、講演会は終了しました。
中田真也選手ありがとうございました。
[PR]
by nagano-sad | 2011-11-30 12:19
カーリング体験教室開催しました!
11月3日(木・祝)「NPO法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブ」のご協力をいただき、スカップ軽井沢でカーリング体験教室を開催しました。
 今回はSC軽井沢クラブの方とバンクーバーパラリンピック出場選手(信州チェアカーリングクラブ)の市川選手と比田井選手が特別講師として参加、指導にあたってくださいました。
参加者は全員で20名(保護者やきょうだい、スタッフ含む)。の方が参加してくれました。
e0187129_1228577.jpg

練習は車いすグループと立位グループに分かれて練習。
 車いすグループには市川選手と比田井選手が講師として指導してくださいました。
e0187129_12335871.jpg

立位グループにはSC軽井沢クラブの方が講師として指導してくださいました。
保護者の方々も子ども達と一緒に練習。
e0187129_12562472.jpg

後半ではみんなでミニゲームを行いました。
市川選手、比田井選手の指示の元、ハウスに向かって投げたり、相手のストーン目掛けて投げていました。
参加者からは「狙って投げるけど、相手のストーンに当てるのが難しい」「優しく投げたら得点が入って楽しい!」と感想を話してくれました。
e0187129_1314262.jpg

e0187129_134471.jpg

教室終了後、比田井選手からカーリング競技についてお話をしてくださいました。
最後に、比田井選手から「カーリングに興味を持ってください。とても楽しい競技です。一緒にやってみたいと思った方は、連絡をください!」と話をしてくださり体験教室は終了しました。
e0187129_1373521.jpg

市川選手、比田井選手、SC軽井沢クラブのみなさん、ありがとうございました。
[PR]
by nagano-sad | 2011-11-09 13:08
アイススレッジホッケー体験教室開催しました!
10月29日(土)に岡谷市のやまびこスケートの森でアイススレッジホッケーの
体験教室を開催しました。

日本アイススレッジホッケー協会・長野スレッジスポーツ協会のご協力のもと、
長野サンダーバーズの皆さんが特別講師として参加して下さいました。

参加者は14名(保護者・きょうだい含む)。

まずは参加者と長野サンダーバーズの選手一人一人自己紹介。
e0187129_9553674.jpg

体験前に長野サンダーバーズの選手の皆さんがデモンストレーションを見せて下さいました!

パックを打つ音やスレッジを素早く操る技を見て、その迫力に会場全員で圧倒されました!!

この後、今回使用したスレッジやスティックの説明を聞き、いざ待ちに待ったリンクへ!!
e0187129_1074074.jpg

乗り始めは操作に戸惑っていたのが少しずつ感覚をつかみ、短時間のうちにみんな上達していきました。
e0187129_1095178.jpg

休憩を挟み

後半も滑る練習、ゴール練習、パス練習など個々にいろんな練習をしました。
e0187129_10122183.jpg

あっという間に時間が来て、体験会は終了。

教室終了後は、サンダーバーズの選手の皆さんと交流会。

質問タイムやサインをもらったり写真の撮影会。

バンクーバーパラリンピックの銀メダルやユニフォームを見せてもらったり
みんなで楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ご協力いただきました日本アイススレッジホッケー協会、長野スレッジスポーツ協会、
やまびこスケートの森のみなさま、そして講師として参加してくださった長野サンダーバーズの
選手のみなさま、協力いただいたスタッフのみなさま、ありがとうございました。
これからもみんなで応援しましょう!
[PR]
by nagano-sad | 2011-11-09 10:15
公益財団法人長野県障がい者スポーツ協会
〒381-0008 長野県長野市大字下駒沢586 長野県障害者福祉センター内
Tel:026-295-3661 Fax:026-295-3662
 e-mail:nsad@nifty.com