長野県障がい者スポーツ協会の新着情報
by nagano-sad

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
信濃グランセローズの皆さんと「鎌田中学校特別支援学級」を訪問しました。
 5月30日(水)に松本市立鎌田中学校で信濃グランセローズ野球教室を行いました。
 参加者は鎌田中学校、特別支援学級の5名。広い体育館の中で、選手のみなさんと野球を楽しむ事ができました。

 まずは、ウォーミングアップでしっかりと体を温め、2グループに別れキャッチボールや、バッティングの練習を行いました。

e0187129_1353386.jpg


e0187129_1373965.jpg


 選手の皆さん驚く程に、上手にボールをキャッチしたり、投げたりすることができました。
 バッティングも、教えてもらい、たくさんボールを打つ事ができました。

e0187129_13105476.jpg


 その後は試合を行うか、練習を続けるか話し合い、先生方や保護者の方に外野の守備を協力して頂き、全員で試合をすることになりました。

e0187129_1313544.jpg


e0187129_1315129.jpg


 選手が投げるボールから次々とヒットを打ち、保護者や先生方から、拍手と歓声があがりました。

 最後に、参加した生徒全員から、「たくさん打てて嬉しかった。」「今度会った時は、絶対にホームランを打ちたい。」「すごく楽しかったので、もっと野球を練習したい。」などのメッセージが選手に贈られました。

 信濃グランセローズの藤咲敏輝 選手、小倉裕翔 選手、ありがとうございました。

 これからも、信濃グランセローズを応援しましょう。



 長野県民球団「信濃グランセローズ」は「地域に支えられ地域に生きる球団」として、地域に密着した活動を展開し、地域と地域の子どもたちのために様々な地域貢献活動を実施しています。
その一環として、2008年より、当協会が進める「チャレンジドキッズクラブ」の野球教室に、指導者として参加し、障がいを持った子どもたちのスポーツ活動の振興に貢献しています。
[PR]
by nagano-sad | 2012-06-13 13:15
信濃グランセローズの皆さんと「川辺小学校特別支援学級」を訪問しました
 6月6日(水)に上田市立川辺小学校特別支援学級で信濃グランセローズ野球教室を行いました。この学校は信濃グランセローズの公式戦が開催される、県営上田野球場から徒歩数分のところにあります。児童のみなさんの中にも応援に行ったことがある人がたくさんいたので、選手に会えることを本当に楽しみにしてくれていました。
 
 今回の参加者は特別支援学級に在籍する1年生から6年生までの15名。信濃グランセローズからは、小倉裕翔選手と藤咲敏輝選手が来てくれました。

e0187129_21331295.jpg


 児童の皆さんは、野球教室が始まる3、4時間目まで待てず、1、2時間目にグラウンド整備をして、選手を迎えてくれました。
 まずは、選手の動きを見本に全員で、ウォーミングアップ。初めてする動きに戸惑いながらも、皆一生懸命に取り組みました。

e0187129_21344156.jpg


 日ごろ、野球やソフトボールに取り組んでいるので、キャッチボールもバッティングもとても上手でした。

e0187129_21364329.jpg


 最後は、ミニゲーム。選手が投げるボールを打って思いっきりグランドを駈け抜けました。
参加した児童たちからは、「すごく楽しかったので、もっと野球を練習したい。」「今日選手と一緒に野球を楽しんだことをお母さんに自慢します。」などと感想が聞かれました。

e0187129_2141129.jpg


御協力いただきました、藤咲敏輝 選手、小倉裕翔 選手、ありがとうございました。

これからも、みんなで信濃グランセローズを応援しましょう。
長野県民球団「信濃グランセローズ」は「地域に支えられ地域に生きる球団」として、地域に密着した活動を展開し、地域と地域の子どもたちのために様々な地域貢献活動を実施しています。
その一環として、2008年より、当協会が進める「チャレンジドキッズクラブ」の野球教室に、指導者として参加し、障がいを持った子どもたちのスポーツ活動の振興に貢献しています。
[PR]
by nagano-sad | 2012-06-07 21:42
信濃グランセローズの皆さんと「須坂支援学校」を訪問しました。
5月23日(水)に、須坂支援学校で信濃グランセローズ野球教室を行いました。
参加者は、須坂支援学校の1年生から6年生までの12人。
天候にも恵まれ、元気いっぱい教室を行う事が出来ました。

まずは全員でウォーミングアップを行いました。
グランセローズの選手に、「最初にたくさん体を動かさないと、怪我に繋がります。」と教わり、みんな表情は真剣です。

e0187129_1648239.jpg

次に行った、選手の皆さんのデモンストレーションでは、投げる時の足の向きや、ボールを放すタイミングの説明の他、ボールがグローブに入った時の音や、ボールが回転する時の音を全員で耳を澄ませて聞きました。
e0187129_1725390.jpg


その後は各グループに分かれて、キャッチボールの練習を行いました。
初めて野球をする子どもたちも、選手の皆さんから投げ方や捕り方を教わりどんどん上手になり、先生方や、保護者の方たちを驚かせました。
e0187129_1711884.jpg

次は、子どもたちが楽しみにしていたバッティングの練習です。
始めは、先生に掛け声をかけてもらいながら打っていた子どもたちも、2球、3球と回数を重ねる毎に上達し、どんどん一人で打てるようになり、先生方、保護者のみなさん、選手から歓声が上がりました。
e0187129_17141422.jpg

質疑応答の時間では子どもたちから、「どうしたら野球選手になれるか。」「野球はどうやったら上手になれるか。」などの質問が挙がりました。選手の皆さんは「好き嫌い無くたくさん食べて、たくさん練習すれば野球は上手になります。まずは、好き嫌いなくたくさんご飯を食べましょう。」と答えました。
最後に、須坂支援学校の皆さんから選手の皆さんに応援メッセージが書かれたプレゼントを渡し、全員で記念撮影をして野球教室を終了しました。
e0187129_16581976.jpg

藤咲敏輝選手、小倉裕翔選手、宮澤和希選手、ありがとうございました。

これからも、みんなで信濃グランセローズを応援しましょう。



長野県民球団「信濃グランセローズ」は「地域に支えられ地域に生きる球団」として、地域に密着した活動を展開し、地域と地域の子どもたちのために様々な地域貢献活動を実施しています。
その一環として、2008年より、当協会が進める「チャレンジドキッズクラブ」の野球教室に、指導者として参加し、障がいを持った子どもたちのスポーツ活動の振興に貢献しています。
[PR]
by nagano-sad | 2012-06-01 17:14
第8回長野車いすマラソン大会写真展開催!

 第8回長野車いすマラソン大会では、車いすマラソン大会の写真を通して、多くの皆様に、障がい者スポーツや障がいのある人々の社会参加に対する理解を深めていただくため、フォトコンテストを実施しました。
総応募数61点という数多くの優れた作品の応募をいただき、厳正な審査の結果、入賞・入選作品を下記のとおり決定しました。

1 主  催   長野車いすマラソン大会実行委員会
2 後  援   信濃毎日新聞社 長野県写真連盟 株式会社長野フジカラー
3 応募作品   61点
4 入賞・入選作品

【最優秀賞 1点】
東井 佳人:「熱闘追逐(ネットウツイチク)」

【優秀賞 3点】
佐々木 幸一:「ライバル同志」
増田 恵:「一番乗り」
山口 主法:「今年も力走」

【入選 5点】
山内 敏:「見事に一列に並んだ走行」
宮下 正三:「前を追って」
江口 文夫:「表彰式」
山崎 邦昭:「ようこそ長野へ」
松田 悦司:「疾走」

 ※展示は入賞・入選作品全9点とその他優れた作品11点を展示します。

《展示日程》

ながの東急シェルシェ5階連絡通路:平成24年5月31日~6月6日

長野県障害者福祉センター(サンアップル):平成24年6月13日~7月12日


長野県庁、長野市役所、もんぜんぷら座の展示はおかげ様をもちまして、盛況のうちに終了いたしました。
ありがとうございました。
e0187129_1692622.jpg

7月まで写真展を開催いたしますので、ぜひ足をお運び下さい。
[PR]
by nagano-sad | 2012-06-01 16:12
公益財団法人長野県障がい者スポーツ協会
〒381-0008 長野県長野市大字下駒沢586 長野県障害者福祉センター内
Tel:026-295-3661 Fax:026-295-3662
 e-mail:nsad@nifty.com